ギリモザ 交わる体液、濃密セックス 麻美ゆま


「あぁ~ダメダメ!またイッちゃうよぉ~!」普段のSEXでは決して見れない麻美ゆまの本物の表情・アエギ声!
発情しきった男女が肉欲のままにお互いを求め身体をビクビク震わせイキっぱなしのガチンコSEXは、はっきり言ってエロ過ぎます!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. しんざさん より:
    安定感

    彼女の作品はハズレがないです。
    こんなに乳首の色キレイな人いる!
  2. やっぱ

    やっぱゆまちゃんは最高レベルにいい女優さん。
    当時がなつかしいです
  3. ストーリー不要の究極ボディー

    AVクイーン「麻美ゆま」がシティホテルの一室で男優とひたすら絡むだけという、実にシンプルかつストレートな作品。
    余計なストーリーは一切ない上に、奇抜なコスチュームも登場せず、あるのは「説明不要の究極ボディー」のみである。
    これは、あくまで「麻美ゆま」だからこそ許される企画であって、他の女優が真似をすれば、おそらく、「低予算のインディーズAV」と酷評されるのがオチ。
    その抜群のプロポーションは勿論のこと、ゆまちんの「貪欲なまでの性欲」が画面からビンビンと伝わってくる。
    もっとも、「本番至上主義」を追求するあまり、「セックスに至るまでの過程」をばっさりと切り捨てている点は、ストーリー重視派のAVファンには、かなり「退屈」なのも事実。
  4. ゆまちゃん

    ○お仕事的に、積極的に、キスをし、乳首を舐め、ち○ぽをしゃぶり、正常位、騎乗位で自らち○ぽを握り締め、挿入し、腰を振る。
    淫乱・痴女というより、男からザーメンを発射させようという感じ。

    ×ゆまちゃんは、責められ系の方がしっくりくる。
    喉奥まで咥え込むと、うたったシーンがあるが、そこまで激しくなく残念。
    他作のディープスロートなどの方が良かった。

  5. 濃密!!

    シティホテルの一室で展開する貪り合う濃密なSEX。
    まるでカップルのSEXを見ているようでリアルでした。
    ゆま嬢の騎乗位での腰の振り方は尋常じゃないくらい激しかったです。
    巨乳をブルンブルンさせて悶えてます。
    個人的には挿入時、男をガン見する顔が抜けましたね!
    E-BODY好きの私にはツボでした。
    いろんな女優さんで見たいシリーズです。
  6. 濃密!!

    シティホテルの一室で展開する貪り合う濃密なSEX。
    まるでカップルのSEXを見ているようでリアルでした。
    ゆま嬢の騎乗位での腰の振り方は尋常じゃないくらい激しかったです。
    巨乳をブルンブルンさせて悶えてます。
    個人的には挿入時、男をガン見する顔が抜けましたね!
    E-BODY好きの私にはツボでした。
    いろんな女優さんで見たいシリーズです。
  7. 濃厚

    変な設定抜き。

    ひたすら男にむしゃぶりつく。

    それだけで絵になる巨乳。
    69の下品な腰つきが忘れられない。

  8. 男根大好き、麻美ゆま

    シティホテルの一室、変な設定、Story抜きで男と女、1対1でひたすらで貪りあう2人。
    不必要な会話やオモチャが登場することなく男と女の素のSEXが見られたようで久々の良作でした。

    ゆま嬢は必ずと言って良いぐらい男と抱き合って感じてくると男根に手を伸ばしていくのを見るにつけ、本当にオチ○チンが大好きなんだろうなぁと感じさせてくれる作品。

    注文をつけるならば、折角のダイナマイトボディをもっとエロテックに見せるカメラアングルが欲しかった、抱き合ったらすぐにソファやベットに雪崩れ込むのではなくゆま嬢の

    バックショットからの裸体映像等が盛り込まれていれば最高でした。

  9. やっぱ

    やっぱゆまちゃんは最高レベルにいい女優さん。
    当時がなつかしいです
  10. realiserさん より:
    見せるより貪る、というシリーズ

    やはりオッパイ攻めはちょっと控えめか、と思っていたら、最後のカラミで男優が気合いの入った攻め方をしてゆま嬢もせつな気で、フェチ心は結構満足させられた。

    ただ、ゆま嬢はいつも激しく反応してくれるので、このシリーズ以外でも同じような反応はしている。

    その分、シリーズ特有の新鮮味はなかった。

  11. realiserさん より:
    見せるより貪る、というシリーズ

    やはりオッパイ攻めはちょっと控えめか、と思っていたら、最後のカラミで男優が気合いの入った攻め方をしてゆま嬢もせつな気で、フェチ心は結構満足させられた。

    ただ、ゆま嬢はいつも激しく反応してくれるので、このシリーズ以外でも同じような反応はしている。

    その分、シリーズ特有の新鮮味はなかった。

  12. yads2さん より:
    むしゃぶりつくゆまチン

    エスワン得意の激しいカラミ全開。
    ゆまチンはもまれまくり、前から横から後ろから突かれまくり!
    最後のカラミでは顔射されてもなおチンポに執拗にむしゃぶりつくゆまチンは圧巻!
    エロすぎる!
    とにかく今回もゆまチンのおっぱい揺れまくりで目眩がしそう。
  13. 男と淫らに絡み合うゆまチン!!

    M字クンニに激しい指マンにイキまくり..69で奥までチ○ポを咥え...息を荒くして...激突き...相変わらずの巨乳を揺らして喘ぎまくり...見れば見るほど..いい女に見えて

    くる...実際にいい女だけどね。
    そんなゆまチンの淫らな立ち責め...あんな責めされたら秒殺ですよ!
    ...男なら一度はゆまチンみたいな女性(ひと)とあんな..激しいH..した

    いと思うモノです、でもどのシーンも同じに見えてしまう...あの絡みで3Pしたら?..とも思ったりして!
    ..きっと興奮する事間違いなしなんだけどね。
  14. realiserさん より:
    見せるより貪る、というシリーズ

    やはりオッパイ攻めはちょっと控えめか、と思っていたら、最後のカラミで男優が気合いの入った攻め方をしてゆま嬢もせつな気で、フェチ心は結構満足させられた。

    ただ、ゆま嬢はいつも激しく反応してくれるので、このシリーズ以外でも同じような反応はしている。

    その分、シリーズ特有の新鮮味はなかった。

  15. 孫悟空さん より:
    ゆまちんエロい

    ゆまちんのエロさが引き立ってます。
    特に最後のからみでしつこくしゃぶりつくシーンはホントにエロい。

    でも複数プレイがないのが少し残念。

  16. 各メーカーに出まくり…

    のゆまたんですが、逆に小芝居無しのやりまくりが新鮮でした。
    これはファンで無くとも押さえておきたい作品です。
  17. タイトル、【E-BODY】でいいじゃん!

    パクリ★王とパチワン。

    態態御丁寧にタイトルを考える事無いですよ!
    誰が見てもパチモンなのは一目で解るんだから…。

    ※コアなファンかお掃除フェラ好きな人は見たら~って感じです、ハイ。

  18. 男優次第

    パフォーマンス的、セックスショー的な絡みが中心のエスワンで、こういうリアルさを追求した絡みの作品は珍しい。

    ただ一見リアルっぽく見えるがどうしても男優は見せようとする癖がついており、結果として中途半端になっている感じがする。

    例えば大島氏のような騎乗位や側位が異常に多い男優を起用するとセックスショーになってしまうので、男優の人選にも気を使ってほしい。

    またソファーのような狭苦しいところでやると、男優も女優も動きづらいし、体位も限られてしまうのでいい画は撮れないと思う。

    更にはリアルさを追求するのなら、顔射などのパフォーマンスより、ゴム中出しとか下腹射などの方がよりリアリティがあってよかったのでは。

    でもやはり一番は、男優の人選と絡み方だろう。

    男優次第でその作品が良くも悪くもなるということを痛感させられる作品だった。

  19. アクロバティックな体位

    さすがゆまちんという作品

    やはりルックス、ボディが完璧なので平凡なカラミでもよく見せてしまう。

    男優陣は、黒田、大島がさすがというべきか。

    それにしてもゆまちん体が柔らかいのでアクロバテックな体位が映えるなあ。

    ゆまちんの砧の体位みたいなあ。

  20. やっぱりいい女のHはいい

    久しぶりにゆまちんとご対面です。

    たわわなオッパイ、笑顔可愛い普段顔、艶めかしいイキ顔、最後の一滴まで搾り取るお掃除フェラ、無造作に見える角度に体位を変えるテク…ゆまちんは抜けます。

    無駄な演技もなくヤルことだけに特化してるこのシリーズ好きです。
    そしてゆまちんはやっぱりいい。

  21. ゆまちゃん

    ○お仕事的に、積極的に、キスをし、乳首を舐め、ち○ぽをしゃぶり、正常位、騎乗位で自らち○ぽを握り締め、挿入し、腰を振る。
    淫乱・痴女というより、男からザーメンを発射させようという感じ。

    ×ゆまちゃんは、責められ系の方がしっくりくる。
    喉奥まで咥え込むと、うたったシーンがあるが、そこまで激しくなく残念。
    他作のディープスロートなどの方が良かった。

  22. 男根大好き、麻美ゆま

    シティホテルの一室、変な設定、Story抜きで男と女、1対1でひたすらで貪りあう2人。
    不必要な会話やオモチャが登場することなく男と女の素のSEXが見られたようで久々の良作でした。

    ゆま嬢は必ずと言って良いぐらい男と抱き合って感じてくると男根に手を伸ばしていくのを見るにつけ、本当にオチ○チンが大好きなんだろうなぁと感じさせてくれる作品。

    注文をつけるならば、折角のダイナマイトボディをもっとエロテックに見せるカメラアングルが欲しかった、抱き合ったらすぐにソファやベットに雪崩れ込むのではなくゆま嬢の

    バックショットからの裸体映像等が盛り込まれていれば最高でした。

  23. 男と淫らに絡み合うゆまチン!!

    M字クンニに激しい指マンにイキまくり..69で奥までチ○ポを咥え...息を荒くして...激突き...相変わらずの巨乳を揺らして喘ぎまくり...見れば見るほど..いい女に見えて

    くる...実際にいい女だけどね。
    そんなゆまチンの淫らな立ち責め...あんな責めされたら秒殺ですよ!
    ...男なら一度はゆまチンみたいな女性(ひと)とあんな..激しいH..した

    いと思うモノです、でもどのシーンも同じに見えてしまう...あの絡みで3Pしたら?..とも思ったりして!
    ..きっと興奮する事間違いなしなんだけどね。
  24. 凄い迫力 特に騎乗位で突き上げれ、何度も反りヌケました。

    驚きました。

    この人のもっと新しい作品を観ましたが、凄い迫力。

    特に騎乗位で突き上げれ、何度も反り返る場面、何度も観ました。

    迫力オッパイの上下の揺れ、

    爆乳だけでなく、全身綺麗ですね。

    彼女の作品の中でも上の方です。

    確実にヌケルでしょう。

    お勧めします。

  25. 男優次第

    パフォーマンス的、セックスショー的な絡みが中心のエスワンで、こういうリアルさを追求した絡みの作品は珍しい。

    ただ一見リアルっぽく見えるがどうしても男優は見せようとする癖がついており、結果として中途半端になっている感じがする。

    例えば大島氏のような騎乗位や側位が異常に多い男優を起用するとセックスショーになってしまうので、男優の人選にも気を使ってほしい。

    またソファーのような狭苦しいところでやると、男優も女優も動きづらいし、体位も限られてしまうのでいい画は撮れないと思う。

    更にはリアルさを追求するのなら、顔射などのパフォーマンスより、ゴム中出しとか下腹射などの方がよりリアリティがあってよかったのでは。

    でもやはり一番は、男優の人選と絡み方だろう。

    男優次第でその作品が良くも悪くもなるということを痛感させられる作品だった。

  26. よき

    レジェンド麻美ゆまの真髄を堪能できます。
    ファンじゃない人にもオススメ
  27. しんざさん より:
    安定感

    彼女の作品はハズレがないです。
    こんなに乳首の色キレイな人いる!
  28. 男根大好き、麻美ゆま

    シティホテルの一室、変な設定、Story抜きで男と女、1対1でひたすらで貪りあう2人。
    不必要な会話やオモチャが登場することなく男と女の素のSEXが見られたようで久々の良作でした。

    ゆま嬢は必ずと言って良いぐらい男と抱き合って感じてくると男根に手を伸ばしていくのを見るにつけ、本当にオチ○チンが大好きなんだろうなぁと感じさせてくれる作品。

    注文をつけるならば、折角のダイナマイトボディをもっとエロテックに見せるカメラアングルが欲しかった、抱き合ったらすぐにソファやベットに雪崩れ込むのではなくゆま嬢の

    バックショットからの裸体映像等が盛り込まれていれば最高でした。

  29. 凄い迫力 特に騎乗位で突き上げれ、何度も反りヌケました。

    驚きました。

    この人のもっと新しい作品を観ましたが、凄い迫力。

    特に騎乗位で突き上げれ、何度も反り返る場面、何度も観ました。

    迫力オッパイの上下の揺れ、

    爆乳だけでなく、全身綺麗ですね。

    彼女の作品の中でも上の方です。

    確実にヌケルでしょう。

    お勧めします。

  30. 濃厚

    変な設定抜き。

    ひたすら男にむしゃぶりつく。

    それだけで絵になる巨乳。
    69の下品な腰つきが忘れられない。

  31. yads2さん より:
    むしゃぶりつくゆまチン

    エスワン得意の激しいカラミ全開。
    ゆまチンはもまれまくり、前から横から後ろから突かれまくり!
    最後のカラミでは顔射されてもなおチンポに執拗にむしゃぶりつくゆまチンは圧巻!
    エロすぎる!
    とにかく今回もゆまチンのおっぱい揺れまくりで目眩がしそう。
  32. 凄い迫力 特に騎乗位で突き上げれ、何度も反りヌケました。

    驚きました。

    この人のもっと新しい作品を観ましたが、凄い迫力。

    特に騎乗位で突き上げれ、何度も反り返る場面、何度も観ました。

    迫力オッパイの上下の揺れ、

    爆乳だけでなく、全身綺麗ですね。

    彼女の作品の中でも上の方です。

    確実にヌケルでしょう。

    お勧めします。

  33. なーけさん より:
    まずまず

    麻美ゆまちゃんの作品の中でも濃厚系のエッチがみれる作品です。
    もう少しはっきりとしたキャラ設定(痴女とか、ドMとか)があった方が抜けると思いました。
    ムチムチのオッパイがゆれる騎乗位は◎
  34. やっぱ

    やっぱゆまちゃんは最高レベルにいい女優さん。
    当時がなつかしいです
  35. realiserさん より:
    見せるより貪る、というシリーズ

    やはりオッパイ攻めはちょっと控えめか、と思っていたら、最後のカラミで男優が気合いの入った攻め方をしてゆま嬢もせつな気で、フェチ心は結構満足させられた。

    ただ、ゆま嬢はいつも激しく反応してくれるので、このシリーズ以外でも同じような反応はしている。

    その分、シリーズ特有の新鮮味はなかった。

  36. なーけさん より:
    まずまず

    麻美ゆまちゃんの作品の中でも濃厚系のエッチがみれる作品です。
    もう少しはっきりとしたキャラ設定(痴女とか、ドMとか)があった方が抜けると思いました。
    ムチムチのオッパイがゆれる騎乗位は◎
  37. ストーリー不要の究極ボディー

    AVクイーン「麻美ゆま」がシティホテルの一室で男優とひたすら絡むだけという、実にシンプルかつストレートな作品。
    余計なストーリーは一切ない上に、奇抜なコスチュームも登場せず、あるのは「説明不要の究極ボディー」のみである。
    これは、あくまで「麻美ゆま」だからこそ許される企画であって、他の女優が真似をすれば、おそらく、「低予算のインディーズAV」と酷評されるのがオチ。
    その抜群のプロポーションは勿論のこと、ゆまちんの「貪欲なまでの性欲」が画面からビンビンと伝わってくる。
    もっとも、「本番至上主義」を追求するあまり、「セックスに至るまでの過程」をばっさりと切り捨てている点は、ストーリー重視派のAVファンには、かなり「退屈」なのも事実。
  38. なーけさん より:
    まずまず

    麻美ゆまちゃんの作品の中でも濃厚系のエッチがみれる作品です。
    もう少しはっきりとしたキャラ設定(痴女とか、ドMとか)があった方が抜けると思いました。
    ムチムチのオッパイがゆれる騎乗位は◎
  39. 男優次第

    パフォーマンス的、セックスショー的な絡みが中心のエスワンで、こういうリアルさを追求した絡みの作品は珍しい。

    ただ一見リアルっぽく見えるがどうしても男優は見せようとする癖がついており、結果として中途半端になっている感じがする。

    例えば大島氏のような騎乗位や側位が異常に多い男優を起用するとセックスショーになってしまうので、男優の人選にも気を使ってほしい。

    またソファーのような狭苦しいところでやると、男優も女優も動きづらいし、体位も限られてしまうのでいい画は撮れないと思う。

    更にはリアルさを追求するのなら、顔射などのパフォーマンスより、ゴム中出しとか下腹射などの方がよりリアリティがあってよかったのでは。

    でもやはり一番は、男優の人選と絡み方だろう。

    男優次第でその作品が良くも悪くもなるということを痛感させられる作品だった。

  40. やっぱりいい女のHはいい

    久しぶりにゆまちんとご対面です。

    たわわなオッパイ、笑顔可愛い普段顔、艶めかしいイキ顔、最後の一滴まで搾り取るお掃除フェラ、無造作に見える角度に体位を変えるテク…ゆまちんは抜けます。

    無駄な演技もなくヤルことだけに特化してるこのシリーズ好きです。
    そしてゆまちんはやっぱりいい。

  41. 孫悟空さん より:
    ゆまちんエロい

    ゆまちんのエロさが引き立ってます。
    特に最後のからみでしつこくしゃぶりつくシーンはホントにエロい。

    でも複数プレイがないのが少し残念。

  42. タイトル、【E-BODY】でいいじゃん!

    パクリ★王とパチワン。

    態態御丁寧にタイトルを考える事無いですよ!
    誰が見てもパチモンなのは一目で解るんだから…。

    ※コアなファンかお掃除フェラ好きな人は見たら~って感じです、ハイ。

  43. よき

    レジェンド麻美ゆまの真髄を堪能できます。
    ファンじゃない人にもオススメ
  44. アクロバティックな体位

    さすがゆまちんという作品

    やはりルックス、ボディが完璧なので平凡なカラミでもよく見せてしまう。

    男優陣は、黒田、大島がさすがというべきか。

    それにしてもゆまちん体が柔らかいのでアクロバテックな体位が映えるなあ。

    ゆまちんの砧の体位みたいなあ。

  45. ストーリー不要の究極ボディー

    AVクイーン「麻美ゆま」がシティホテルの一室で男優とひたすら絡むだけという、実にシンプルかつストレートな作品。
    余計なストーリーは一切ない上に、奇抜なコスチュームも登場せず、あるのは「説明不要の究極ボディー」のみである。
    これは、あくまで「麻美ゆま」だからこそ許される企画であって、他の女優が真似をすれば、おそらく、「低予算のインディーズAV」と酷評されるのがオチ。
    その抜群のプロポーションは勿論のこと、ゆまちんの「貪欲なまでの性欲」が画面からビンビンと伝わってくる。
    もっとも、「本番至上主義」を追求するあまり、「セックスに至るまでの過程」をばっさりと切り捨てている点は、ストーリー重視派のAVファンには、かなり「退屈」なのも事実。
  46. よき

    レジェンド麻美ゆまの真髄を堪能できます。
    ファンじゃない人にもオススメ
タイトルとURLをコピーしました